Nick Cavallo - Work Photo (3)

NICK CAVALLO

Associate

nick@gaillelaw.com

Nick received a Doctor of Law Degree from The University of Chicago Law School in 2016 and a Bachelor of Arts in Japanese Studies from Washington University in St. Louis in 2010. Nick has lived, studied and worked in Japan for several years and is fluent in Japanese, having passed the Level 1 Japanese-Language Proficiency Test in 2006 and the Level 2 Japan Kanji Aptitude Test in 2009. He also came in first place in the annual “International Speech Contest in Japanese” in Kyoto, Japan in November 2008. Nick currently serves on the Board of Directors of the Japan America Society of Houston.

Prior to joining GAILLE PLLC, Nick worked for several years as an associate at Sullivan & Cromwell LLP and Kirkland & Ellis LLP, during which time he advised clients in connection with a range of complex securities law and general corporate law matters including equity offerings, investment-grade, high-yield and convertible debt offerings, tender and exchange offers, acquisition financing, corporate governance and other related matters.

Some of the representative transactions in which Nick was involved prior to joining the firm include advising SoftBank Corp. in its $23.6 billion global IPO (which was the largest IPO in the history of Japan and the second largest global IPO ever); advising Bristol-Myers Squibb Company with respect to the financing of its proposed acquisition of Celgene Corporation for approximately $74 billion; advising the issuer and selling shareholder in the $1 billion IPO of Chewy, Inc.; and advising a consortium of buyers with respect to their leveraged buyout of Inmarsat plc. Nick also advised clients such as Chewy, Inc., Honda Motor Co., Ltd., Kyocera Corporation, Nomura Holdings, Inc., NTT DOCOMO, INC., Phibro Animal Health Corporation, Tenet Healthcare Corporation, Teva Pharmaceutical Industries, Ltd., Townsquare Media, Inc., TripAdvisor, Inc., and Wynn Resorts, Limited in connection with U.S. corporate reporting matters, including the preparation of annual reports on Form 10‑K and Form 20‑F, quarterly reports on Form 10‑Q, current reports on Form 8‑K and Form 6‑K, proxy statements, addressing proposals from shareholder activists and other matters.

Nick is admitted to practice law in the States of Texas and New York.


ニック・カバロ

アソシエイト

nick@gaillelaw.com

カバロ氏は、2010年にワシントン大学セントルイス校の文学部日本研究学科を卒業後、2016年にシカゴ大学法科大学院で法学博士号を取得しています。同氏は日本語が堪能で、2006年に日本語能力試験1級、2009年に日本漢字能力検定2級にそれぞれ合格しています。さらに、2008年の京都での外国人による日本語弁論大会で見事最優秀賞を受賞しました。法科大学院卒業後は日本に数年間滞在し、その間、多数の日系企業に米国の法律に関するリーガルアドバイスを提供しました。カバロ氏は現在、ヒューストン日米協会の役員を務めています。

ゲイリPLLC入所以前は、サリバン・アンド・クロムウェル外国法共同事業法律事務所(Sullivan & Cromwell LLP)およびカークランド・アンド・エリス法律事務所(Kirkland & Ellis LLP)にてアソシエイトとして数年間の勤務を経て、その間に、株式発行、投資適格債・ハイイールド債・転換債の新規発行、株式公開買付とエクスチェンジオファー、買収ファイナンス、コーポレートガバナンスやその他関連案件を含む多種多様かつ複雑な証券法および一般会社法の案件に関するリーガルアドバイスをクライアントに提供していました。

ゲイリPLLC入所以前に携わってきた代表的な取引案件は下記の通りです:

  • 資金調達額236億ドルに上るグローバルIPO(当時では日本史上最大のIPO、グローバルIPOでは史上最大2番目であった)では、発行者であったソフトバンク株式会社(SoftBank Corp.)およびその親会社であったソフトバンクグループ株式会社(SoftBank Group Corp.)を代理。
  • セルジーン株式会社(Celgene Corporation)による約740億ドルに上るブリストル・マイヤーズ・スクイブ株式会社(Bristol-Myers Squibb Company)の買収提案に向けた資金調達に関してはブリストル・マイヤーズ・スクイブ株式会社(Bristol-Myers Squibb Company)を代理。
  • チューイー(Chewy, Inc.)による10億ドルに上るIPOでは、発行者および売却株主を代理。
  • インマルサット(Inmarsat plc)のLBO(レバレッジドバイアウト)ではバイヤーコンソーシアムを代理。

また、同氏は、年次報告書(Form 10‑KおよびForm 20‑F)、四半期報告書(Form 10‑Q)、臨時報告書(Form 8‑KおよびForm 6‑K)、主総会召集通知書、アクティビストから株主提案への対応やその他の案件の準備も含め、米国証券取引委員会(SEC)が定める登録義務およびその関連報告事項に関するリーガルアドバイスを以下に代表される企業に提供していました:

  • チューイー(Chewy, Inc)
  • 本田技研工業株式会社(Honda Motor Co., Ltd.)
  • 京セラ株式会社(Kyocera Corporation)
  • 野村ホールディングス株式会社(Nomura Holdings, Inc.)
  • 株式会社NTTドコモ(NTT DOCOMO, INC.)
  • フィブロ・アニマル・ヘルス(Phibro Animal Health Corporation)
  • テネット・ヘルスケア(Tenet Healthcare Corporation)
  • テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(Teva Pharmaceutical Industries, Ltd.)
  • タウンスクエア・メディア(Townsquare Media, Inc.)
  • トリップアドバイザー(TripAdvisor, Inc.)
  • ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts, Limited)

カバロ氏は、ニューヨーク州とテキサス州の弁護士免許を取得しています。